top of page

【苫小牧ICTセミナー】ChatGPTで文章をリライトしよう|J-TRADE合同会社

顧客本位で考えよう!



苫小牧ICTセミナー
苫小牧ICTセミナー


対話形式で何でも回答するChatGPT
対話形式で何でも回答するChatGPT

OpenAIが開発した自然言語処理(NLP)に基づくチャットボットの一種です。GPTは「Generative Pre-trained Transformer」(事前学習トランスフォーマー)の略称であり、大規模なデータセットを用いて事前学習された言語モデル(LLM)を指します。

ChatGPTはGPT-3.5アーキテクチャに基づいており、自然な対話を行うことができる多くの言語モデルの中でも非常に高いパフォーマンスを持っています。ユーザーが与えたテキストに対して意味を理解し、適切な応答を生成することが可能です。

このような性能を活かし、ChatGPTはさまざまな用途に利用されています。対話型のサポートや質問応答、文書生成、自然言語処理のタスクなど、様々なアプリケーションで役立つツールとして利用されています。


ChatGPTは多様な活用方法

以下にいくつかの一般的な活用方法を挙げます:

  1. 自然な対話:ChatGPTをチャットボットとして活用し、ユーザーとの対話を行うことで、質問に答えたり、サポートを提供したり、会話を楽しんだりできます。

  2. 質問応答:ChatGPTを用いて特定のトピックに関する質問に回答させることができます。情報検索やFAQの応答、一般的な知識の提供などが含まれます。

  3. テキスト生成:ChatGPTは文章を生成する能力に優れているため、文章の自動生成や要約、クリエイティブな文章作成などに活用できます。

  4. 翻訳:ChatGPTを言語処理のタスクに応用し、テキストの翻訳を行ったり、多言語対応のコミュニケーションをサポートしたりすることができます。

  5. コンテンツの改善:ChatGPTを文章の校正やスタイルの調整、要約、文体の統一などに活用して、より読みやすく理解しやすいコンテンツを作成することができます。

  6. AIアシスタント:ChatGPTをユーザーの仕事やタスクの補助として活用し、スケジュール管理、リマインダー設定、タスクの整理などをサポートすることができます。

これらは一部の活用方法であり、ChatGPTの柔軟性と汎用性により、様々な領域で応用が可能です。ただし、正確な応答を得るためには、適切な訓練データやコンテキストの提供が重要です。

顧客本位で考えよう!


 

弊社の使い方

「てにをは」に強いChatGPT

「は」「を」「が」「も」「に」といった語句と他の語句との関係を示したり、文章に一定の意味を加える助詞だけでなく、助動詞、接尾語など、補助的な働きをします。 日本人は話す際には自然に使い分けている「てにをは」ですが、「書く」となると使いこなすことは意外に難しかったりします。

間違えると文章の意味が変わってしまうため、「てにをは」の正しい使い方には注意が必要です。例えば、「が」と「で」は間違えやすい例です。

【例】

・あのお店「が」いい

・あのお店「で」いい

「が」の場合は、そのお店が他のどのお店よりも良いという印象を受けますが、「で」の場合はどのお店でも同じように良いという印象を受けます。


顧客本位で考えよう!



 

参考:

ハルシネーション

AIハルシネーションの謎を解明: 深層学習における現象の解析(GPT-4著)


Comentários


bottom of page